手帳

手帳

2014年は手帳を使いこなしましょう!

最新通販 > 手帳

手帳 書き方

毎年10月を過ぎると,書店や文具店に手帳が並びます.毎年買っている方は多いですが,十分使いこなしていますか?たとえば月間(マンスリー)と週間(ウィークリー)の予定表の使い方はどうでしょうか.マンスリーに全部書き込んでウィークリーは真っ白(またはその逆)という人もいれば,律儀に同じ予定を両方に書く人もいます.ただし後者には転記ミスや,片方だけ修正したりするリスクがあり,結果的にアポが重なったりする原因になるので,あまり良い使い方とは言えません.

そこで2つの予定の使い分けですが,ウィークリーは時間ごとの予定が書き込めるので,仕事などでアポの多い方はウィークリーをメインにして予定の管理をするといいでしょう.この場合,(1)ウィークリーを仕事・マンスリーをプライベートに使う,(2)予定は全てウィークリーに書き込み,マンスリーは「ひとこと日記」のように使う,といった使い分けのバリエーションが考えられます.

あまりアポの数が多くない場合には,スケジュール管理のベースをマンスリーにすることも可能です.この場合には,ウィークリーのたっぷりしたスペースを自由に使えるため,毎日の生活で起こったことや気づきをどんどん書き込んでおくと,後で読み返せる大切なデータベースになります.もちろん,ここを日記スペースとして使うこともできます.

意外と見落としがちですが,ウィークリーの作りには土日のスペースが狭い「ビジネス優先型」と,7日間が全く同じ仕様で土日の欄も時間で区切られている「全曜日均一型」があります.どちらかというと均一型は少ないですが,流通業などで仕事の休みが週末ではない人はもちろんですが,週末にも地域サークルなどで予定が多い人は土日に十分なスペースがないと使いにくいので,注意して選ぶようにしましょう.

手帳 人気

最近,主婦がメイン視聴者の「はなまるマーケット」のようなテレビ番組や,女性向けサイトで紹介された手帳が,男女を問わず人気を集めています.仕事を持っているいわゆるワーキングウーマンはもちろん,専業主婦の場合もスケジュール管理のニーズが高いのです.お子さんの塾や習い事の予定,お母さん同士の集まりなど.さらに「主婦は家庭の中心」とばかりに,一家全員の予定をコンパクトに管理できるような作りの手帳も出ています.

これらは元来女性向けに開発された手帳であっても,その機能は男性,学生など幅広く利用することが可能なものです.さらにこうした手帳はファッショナブルな装丁が工夫されているのも,広く人気を集める理由になっていますね.


手帳 トップへ戻る