おせち

おせち

おせち料理の定番,2014年注目のメニューなど.

最新通販 > おせち

おせち料理

おせち料理は家庭で作っても重箱に詰めますが,私が子どものころは五段重で出してくれたと思います.ただ最近では家族の人数が減ったせいか,通販などでも三段重の人気が高いようです.お正月の楽しみとはいえ,余ってしまってはもったいないので,良いことだと思います.

重箱に詰めるのは,おめでたい事を重ねると言う意味のようです.ふだんはあまり見られなくなった重箱が,年に一度のお正月に縁起をかついで登場するのは,いかにも日本的です.「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されることになり,国内でも和食ブームに火がつくと,今度のお正月はおせちを食べる家庭が増えそうです.

まして,お正月は新たな年の始まりです.日本では昔から,年の初めにした行動によってその1年の運勢が決まると言われていました.お正月に「今年も豊かな食生活が送れますように」という願いが込められていたそうです.普段食べないような豪華な,また1つ1つに意味のある料理を食べるのには,そんな願いが込められていることを,現代の私たちも年に一度は思い出したいものです.

おせち 2014

2014年のおせちも,様々なお店の色とりどりのメニューをご覧になっていると思います.最近の傾向として,黒豆や伊達巻といった昔ながらの定番メニューに加えて,ローストビーフやオマールグラタンといった洋食メニューも目立ちます.うちの子などは,「おせちの中で好きなものは?」と聞くと「ローストビーフ」と答えたこともあるくらいで,ちょっと心配になりますが(笑).

もともと,おせちに定番メニューはあっても決まった形というのはありませんでした.ただ「まめに過ごせますように」黒豆,「よろこぶ」から昆布巻き,「子沢山」のイメージがあるから数の子といった,縁起物で,お正月をおめでたく過ごすという微笑ましい発想が大切でした.田んぼを作るという「田作り」に豊年豊作の意味を込めているのも,いかにも農耕民族らしいですね.

今でも,お正月には昔ながらの和風メニューを一家で楽しみたいと思うのは,ご高齢の方に限らず多くの日本人が抱いている気持ちではないでしょうか.福岡の「博多久松」の三段重が7年連続で楽天グルメ大賞を受賞しているのは,その現れだと思います.
これも一部洋食メニュー入の和洋折衷ですが,九州の薄味仕立てで3が日食べても飽きがこないのが,人気の秘密のようです.

博多久松の絶品おせち

おせち トップへ戻る