青汁

青汁

青汁がおいしくなりました!野菜不足や便秘にどうぞ.

最新通販 > 青汁

青汁の効果

青汁を飲むのが習慣になっている人は,口をそろえて「健康にいいんだよ!」と言います.最初のころのテレビCM『うーん,まずい!』を覚えている方は,「健康を保つために」,「健康になるために」味には目をつぶって,という印象が強かったと思います.まさに『良薬は口に苦し』の健康食品版といったものが一般的なイメージではないでしょうか.

健康維持といってもいろいろありますが,例えば野菜不足によって栄養のバランスが悪くなりがちなのを,飲むだけで手軽に補うことができます.ビタミンC・E・B群や,βカロテン,食物繊維,カルシウムやカリウムといった栄養素が豊富に含まれていますが,これらをすべて野菜で摂るのはかなりメニューに工夫が必要です.特に主成分であるケールはこれらの栄養価が特に高く,老化や生活習慣病の予防にも優れていると言われています.

ここで1つ朗報ですが,最近「おいしい」「飲みやすい」点をアピールした製品が増えています.ほとんどの健康食品は,続けて摂ることが大切ですが,特に青汁は健康に良いとはわかっていても味がネックになっていつことが多かったので,「続けやすい」ものが出てきたことで,人気が一気に爆発した印象があります.

中でも,一番飲みやすいと思ったのがタブレット(粒)です.「どうしても味や香りが好きになれない」とか,「粉末を飲むのが苦手だ」,また「液体や粉末では飲んだ後で口に残った感じがする」といった方でも,1回3粒飲むだけだったらほとんど抵抗感なく飲めるのではありませんか?

人気の青汁はこちら

青汁ランキング

さて,「効果はわかったけれど,どれがいいの?」という方に私がおすすめするのは,次の3つです.成分で選ぶ,味で選ぶなど基準はいろいろあるかも知れませんが,今回は「健康には続けられることが第一」ということで,飲みやすさにこだわりました.

1位
【粒状】ステラの贅沢青汁
【粒状】ステラの贅沢青汁
2位
【フルーツ使用】うるおい青汁
【フルーツ配合】うるおい青汁
3位
【ジェルタイプ】美感青汁
【ジェルタイプ】美感青汁


第一位:さきほどもご紹介した「粒状タイプ」です.特においしいということはありませんが,味を意識するまでもなく瞬時に飲めてしまいます.粒にしたのは,有効成分が豊富に含まれる原料をしっかり詰め込むための工夫で,栄養価が非常に高いのが特徴です.そのためか,更年期の方や便通が悪くて悩んでいる方が,症状が改善したという声が多いようです.特にそんな悩みを持つ方は,試してみてはいかがでしょうか?

第二位:フルーツをふんだんに配合していて,ベリー系のフレーバーティーのような飲み心地が特徴です.また,主成分に大麦若葉が使われているため,ケールのような苦味や青臭さがない上,特許製法によって水に溶けやすいのでザラつき感がなく,口当たりがなめらか.ベースの部分から飲みやすさにこだわりっています.

第三位:美しくなりたい女性がターゲットで,女性が求める美容成分のコラーゲンやヒアルロン酸などを配合.おしゃれなバラの香りに加えて,最大の特徴は「食べる」ジェルタイプであること.「粉っぽさや苦味がない」「独特のくせも匂いも感じない」「ローズのほのかな香りと後味がとてもいい」という使用感を見ると,プロデュースしたカリスマエステティシャン・高橋ミカさんの「美しくなるための習慣」という狙いが当たっているようです.

青汁 飲みすぎ

これまで何度も,「継続して」飲むことが大切だと繰り返しましたが,たくさん飲めばいいというわけではありません.何事も『過ぎたるは及ばざるが如し』と言います.上手に使って健康・美容に役立てたいものです.もっとも,薬ではありませんので一定量以上飲むと有害ということはありませんが,食物繊維が豊富に含まれているので,飲み過ぎると下痢の原因になる可能性はあります.その場合は量を減らす,空腹時や終身前に飲むのは避けるといった注意をした方がいいでしょう.

また,カリウムが多く含まれていることから,過剰に摂ると心臓に負担がかかることもあります.不整脈や心不全の原因になる可能性もありますので,特に最初は「用量・用法」に従って続けることをおすすめします.上手に使えば体に良いことは十分証明されています.焦る必要はありません.

青汁 トップへ戻る